ミュゼの施術は赤みが出にくい

MENU

ミュゼの施術は赤みが出にくい

脱毛サロンでの脱毛施術は、一般的に光脱毛を採用しているので、肌トラブルが起こりにくいと言われていますが、肌の状態が良くないとよりトラブルが起こりやすくなります。

 

ミュゼプラチナムは、毛根や毛母細胞に含まれているメラニンに反応する波長の光を皮膚に照射して、毛を成長させる組織を変質させて毛が再生しないようにするのですが、肌が十分な水分量を持っており、健康な状態であれば肌トラブルが起こることなく毛を無くすることができます。しかし、光を照射すると肌内部の水分が蒸発してしまうので、赤みが出たり乾燥してしまうことがあります。水分量が十分であればひどくなりませんが、乾燥肌の場合は、肌バリアが低下している状態であるため、施術の際、より痛みを感じてしまうこともあるのです。

 

ミュゼプラチナムでは、施術前に制毛成分が配合されたジェルを塗り、施術後もしっかりと冷却パッドを使ったクーリングとプラセンタエキスを配合したローションを塗るので、肌トラブルが起こることはほとんどありません。肌に赤みが出てしまった場合は、しっかりとぬれタオルなどで冷やすことで軽減できますし、乾燥は保湿することによって防ぐことができるので、しっかりとケアすることで色素沈着やシミができると心配もありません。

 

もし肌トラブルが起こってしまった場合は、すぐにサロンに連絡して対処してもらいましょう。ミュゼプラチナムは医療機関と提携しているので、万が一のトラブルでも安心です。

 

TOP